トップ » オフィス用品は適材適地へ

季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

もっと情報一覧

オフィスで安心出来るレイアウト

オフィスのレイアウトは、まず見た目がすっきりとしているほうがいでしょう。そして、会社で多くのスタッフが使う物は適材適所に配置しておくべきです。要するに、使う頻度が高い物ほど、皆が探しやすい場所、すぐに手に届く場所に置いてあるべきです。更に、危険がない事がとても重要です。小さな空間にたくさんの物があると、色々な危険が伴ないます。事務用品の中には危険な物もかなりあります。そういう事をよく配慮して、皆が安心して、きびきびと仕事が出来るオフィスのレイアウトにしなければましません。そうする事が、企業の生産性を上げる事に繋がります。

レイアウトは臨機応変に

オフィスのレイアウトを決める際には臨機応変に対応するようにしましょう。作業の仕方や作業する人が変われば、最も効率的なレイアウトも変わっていくからです。一人で黙々とやるような作業が多い場合には、各自が隔離されている方が望ましいかも知れませんが、人との連携が多い作業では、隔離されているとコミュニケーションが取りづらくなってしまいます。さらに、作業員によっては、黙々と作業する場合でも隔離されていない方がいい場合もあります。人によっては隔離されていると怠けてしまったりする人もいるからです。あくまでも、オフィスで働く人の性格や作業効率を優先し、常に変化のあるものだと思っていると良いでしょう。

HOME | SITEMAP

© Copyright オフィスの情報漏えい対策. All rights reserved.